革財布に傷が付いた場合の絶対にNGな間違った対処・手入れ

革財布に傷が付いた場合の絶対にNGな間違った対処・手入れ

鞄の中に財布を入れていて、お気に入りの革財布に傷をつけてしまった…。どんなに大切に扱っていても、そんなアクシデントはあるもの。そんなときも慌てずに対処しましょう。

ここでは革財布に傷が付いた場合の絶対にNGな間違った対処・手入れについてお話します。

革小物用以外のメンテナンスアイテムはNG

革財布を購入するとき、素材にあった防水スプレーや栄養クリームを一緒に購入する人はそれほど多くありません。

それだけに革財布に傷がついてしまったときにも、メンテナンス用品がない!という場合も多いでしょう。実はこれが落とし穴になりがちなポイントなのです。

まず絶対にNGなのが革靴用のクリームを使うこと。革靴はツヤ加工してあるものがほとんどなので、靴用のクリームを使用すると不自然なツヤが出て、そこだけ他の部分と違う質感になってしまうことがあります。

傷を消すどころかシミとなって目立つこともあるので革靴用のクリームは使用しないようにしましょう。

化粧用のオイルやクリーム、食用オイルもNG)

天然皮革の中にはなめしを行う段階でオイルを含ませているものがあります。

ささくれのような傷ができてしまったときに、オリーブオイルやベビーオイル、ハンドクリームなどを塗って傷を目立たなくしようとする人がいますが、これもNGです!

オイルドレザーの加工には皮革素材用のオイルが使用されています。化粧用や食用のオイルをつけてもシミになってしまうだけ…。

さらに香料が含まれているオイルを使うと、臭いがついてしまうこともあるので絶対にやめましょう!

小さな傷はなじませるだけでOKいざというときのためにメンテナンスアイテムを!

オイルを含ませた皮革素材は傷がついても、徐々になじんでいって傷そのものが目立たなくなることがほとんど。

革がめくれるような大きな傷は購入したショップで相談する必要がありますが、小さな傷であれば、そのまま様子を見てみましょう。

またいざという時のために、財布の皮革にあった栄養クリームを用意しておくのがオススメ。ひとつあれば他の革小物にも使えますし、長持ちするで購入しておいて損はありません。

本格的な天然皮革の財布を購入したら是非、メンテナンスアイテムも一緒に揃えてみましょう。

≫ 長財布(メンズ)を選ぶ時のまとめ HOMEに戻る