クロコダイル(ワニ革)の財布の取り扱い・お手入れ方法のまとめ

クロコダイル(ワニ革)の財布は高い

数ある天然皮革のなかでもラグジュアリー感が楽しめる素材・クロコダイル。高価なものだけにできる限り、その美しさを長く楽しみたいですよね。ここではクロコダイル革の財布の取り扱いやお手入れについて気をつけたい点をまとめてみました。

日常生活で気をつけたいクロコダイル皮革のポイント

クロコダイル革はその独特の風合いを生かすために、自然ななめし方法や繊細な染色加工が施されています。まずは日常生活で気をつけたい3つのポイントを紹介します。

ポケットに入れない

グレージング加工(ガラスや金属のローラーなどをかけて銀面につやを出すこと)されているツヤのあるクロコダイル革は傷がつきやすく摩擦に弱い素材です。

クロコダイル革の財布を使用するときにはポケットに入れたりせず、できればバッグに入れるようにしましょう。お手入れをするときに使用する布も細かい粉塵やゴミがついていないかよく確認してください。こすりすぎは厳禁です。

高温&直射日光は避ける

高温になる場所や直射日光に当たると場所に放置すると革が変質してしまうことがあります。夏、車の中に財布を放置するのは厳禁です。使用しないときは風通しがよく、日が当たらない場所に保管するようにしましょう。

水や汗に注意!

クロコダイルは革の表情を損なわないよう、銀面に熱い塗装加工を施していないものがほとんどです。そのため水や汗に弱く、濡らすと染色が落ちてしまうこともあります。

万が一、水滴がついてしまったら、乾いた布ですぐにさっとふき取り、風通しのいいところで完全に乾かしてください。ドライヤーを当てるのはNGです。

財布をヒップポケットに入れていると知らず知らずのうちに汗を吸収してしまうことがあります。汗のダメージを防ぐためにもクロコダイル革の財布はポケットに入れないようにしましょう。

クロコダイル革のお手入れ方法

クロコダイル革の加工は皮の特製を合わせた方法が取られています。セミマットな加工をしてあるものや、ツヤのあるグレージング加工をしたもの、マットな加工が施されているものまでいろいろです。

お手入れ方法も加工方法によって異なるため、まずは財布を購入したメーカーに問い合わせるなどして正しいお手入れ方法を確認しましょう。

普段のお手入れはコットンなどの皮や馬毛のブラシなどでさっと汚れやほこりを落とす程度で十分です。その後、防水、革の保護、つや出し効果のあるエキゾチックレザー専用のスプレーなどを使用します。

スプレーを使用するときはまず、目立たない場所で試してシミにならないことを確認しましょう。 革の栄養クリームや防水スプレーはクロコダイルやヘビなどのエキゾチックレザー専用のものを選びましょう。

心配なときは必ずメーカーに問い合わせるようにしてくださいね!

≫ 意識高メンズの長財布選び HOMEに戻る